株で失敗している人の特徴

お金

こんにちは、ひまれいかです。

「株は怖いもの」であることは、半分正解で半分間違えです。なぜ、怖いもの(破産するもの)だとずっと思い込んでしまうのかは、知識不足から来ているものだと私は考えております。

今回は、「こんなこと、してたら絶対負けるなw」と思うような、新人投資家?(おそらく、投機家)について語りたいと思います。

 

①明確な売買基準を持てていない

■

恐らく、負けている投資家の殆どが売買基準を持っていないと思います。

投資の格言にこう言葉があります。

もうはまだなり、まだはもうなり

「上がったら、これはまだ上がるだろう。うひょひょよ^。^」・「めっちゃ下がってる、もう下がらんだろ・。;」っていう考え方をしてる人いませんか?

この考えをしてる人は、速攻に株をやめるか考え方を改めて下さい。

自分も最初はそうでしたが、株価は予想が不可能です。自分の感情に任せて取引をしていたら、十中八九負けます。

株の取引の三原則は

マインド・アセットマネジメント・ロスカット

自己管理ができなければ、来年のあなたは相場の世界にはいないでしょう。

 

②知識ほぼ0ではじめる

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(女性)

株を始める理由が、「儲かりそうだから。」と安直な理由で参入するのはいいですが、最低限の知識を持たずに取引をするのは、戦場に裸一貫で行くようなものです。

最低限、「財務諸表の見方」・「PBR・PER・ROE等の指標」ぐらいは知っておいてほしいと私は考えております。(最低限ですが、これでその会社の健康度が客観的にわかります。)

そこから先は、今後自分が必要だなと思う知識を貪欲に学んで下さい。

日々が勉強の日々なので、読書や経済ニュースなど世界の市況にアンテナをはって最善の取引ができるように心がけることをオススメします。

 

③いきなり信用取引からしだす。

「信用取引はそもそもなにか?」を説明します。

簡単に言うと、自分が持っているお金よりも大きい金額で取引ができるというものです。

例えば、10万円持ってるとすると信用取引では30万円の取引を行うことができます。

「少ない資金でいっぱいお金動かせるじゃん^^」と安直に考えてると、破滅しますよw

リターンも大きくなりますが、その分リスクも大きくなります。

大抵、株で借金まみれになってる人はこの信用取引をしてる人です。

初心者がいきなり信用取引をすることは絶対にオススメしません。

 

④他人にオススメされた株を買っている

いろいろな「人気ランキング」のイラスト文字

証券会社のサイトとかに、「あがりそうな銘柄ランキング」なるものが存在しますよね?

知識がないからこそ、その情報を鵜呑みにして上位のところを脳死で購入したりする人は要注意です。

証券会社の営業からの電話で銘柄を購入をするのなんてもってのほか、自分の投資基準をしっかりと決めてから購入をしましょう。

経営が普通にやばいのに、優良企業みたいに紹介されてるようなところもあったりします・・・。

投資は自己責任なので、負けても買ってもそれはあなたのせいです。

 

⑤いろんな投資スタイルに手を出す

怪しい金融商品の広告のイラスト

株式投資にもいろいろな投資方法があります。

「高利回りの優待株・高配当株投資」・ 「割安株を狙うバリュー投資」・ 「値動きの激しい株をねらった短期取引」等いろいろあります。(因みに、私は優待・高配当狙いです。)

それぞれの投資方法にメリット・デメリットもありますし、購入する基準も変わってきます。

そこは、個人の裁量となるのでいろいろな相場にもきみくちゃにされながら、経験と勘を積んでいってください。

いろいろな投資方法に手を出しまくって、中途半端になるのが一番ダメなので気をつけておいてください。

 

まとめ

「株式=ギャンブル」と思っている人がいっぱいいますが、それを吹き込んでいる人は大抵無知蒙昧な人か投機家です。

ある程度のリスクヘッジぐらいなら初心者でもできます。(資産分配等々)しかし、無知な人は一攫千金を狙ってしまうので、路頭に迷うようなことになってしまうのです。

成長している会社であれば、株を持っているだけで大抵儲かります。(長期保有に限る)

株はギャンブル投資の両面性を持ったものなので、どうなるかは全部自己責任ということだけは、念頭に置いてくださいね。

破滅しそうな投資?(投機・ギャンブル)をしている人が私の周りに結構いるので、まあ頑張って下さい・。・b

コメント

タイトルとURLをコピーしました