お金の価値は目減りする。

お金

貯金ばっか増えて何もやることねえや。

もったいないなの・。;

こんにちは、ひまれいかです。

今回は「お金の価値は目減りする」ことについて語りたいと思います。

 

インフレーション

折れ線グラフのイラスト

インフレーションとは、経済学においてモノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価が、ある期間において持続的に上昇する経済現象である。日本語の略称はインフレ。日本語では「通貨膨張」とも訳す。

出典:Wikipedia

インフレがおこると、モノやサービスの価値が上がり同じ値段でそのモノを買ったり・サービスを受けることが不可能になります。

最近の例としては、『野菜」や「果物」が実に顕著です。

100円でいままで売られていた「りんご」が気づけば、120円で売られるようになってたという現象を目の当たりにしたことはあるでしょうか?

100円そのものは100円としか使えないのに、りんごは100円→120円となり買うことができない。物価が上昇しているのです。

それが、「インフレ(インフレーション)」です。

つまり、お金の価値が目減りしているのです。

 

 

世界的にインフレが進めている

(出典:HIBIKI FP OFFICE

世界的にはインフレさせるような動きになっており、この画像は物価上昇率(インフレ率)の目標を表したものです。

大体の国が2%ぐらいを目標にしており、日本もまた例外ではありません。

次に、日本の実際のインフレ率をみていきます。

日本はかなり不思議な事にインフレを目指しているのにデフレを起こしていることが結構ある国です。

しかし、昨今は順調にインフレ傾向に乗っかっていますね!

また、他の国は順調にインフレを起こしているのに、日本はデフレを起こしていることで日本円と外国通貨との価値格差が拡がり大変なことになります。

話が反れたので戻しますが、世界的に物価をあげるような流れになっているということは、つまり、お金の価値が目減りしていくのです。

 

 

まとめ

インフレは年で見たらたった数%ぐらいで小さいかもしれませんが、塵も積もれば山となります。

自分の資産を守ることを視野に入れて運用などしてみてもいいかもしれません。

世界的にインフレ傾向であることを理解していれば、今後の貯金や借入に対する考え方が少し変わると思います。

自分の資産は自分で守るものであって、国や家族が守ってくれるわけではありません。

自分の資産は自分で守らないと国にどんどん価値を減らされる上に搾取されていくなの・。;

コメント

タイトルとURLをコピーしました