お金

持株会(自社株投資会)のメリット・デメリット 入ったほうがいいの?・。・?

こんにちは、ひまれいかです。

今回は新入社員になったときに、会社から色々な老後貯蓄制度を紹介されます。

その中で私が一番オススメするのが「持株会(自社株投資会)」です。(以下、持株会と言います。)

そもそも、「持株会」とは何かについて説明したいと思います。

持株会ってなんですか?・。・?

喜ぶ株主のイラスト

従業員が給料やボーナスを天引きして安定して株主として勤務先の株主として経営に携わることを目的としたものです。

従業員としては資産形成として非常に有効な手段で、ドルコスト平均法(積立投資)投資が行えるというものです。

また安定した固定株主がつくので、会社の経営が安定するという企業側のメリットもあります。

持株会といえど、やってることは株式投資なので、それなりのリスクが存在するということを忘れてはいけません。

 

メリット

奨励金がつく(5-30%)

投資に成功した人のイラスト

最大のメリットが、「奨励金」です。

大体の持株会では、従業員が持株会に参加するときに上乗せとしてお金を出してくれます。

会社次第なのですが、大体の会社が10%以上の奨励金を出しており、高いところだと100%とか言うところもあります。(逆にそこまで高いと会社が怪しいですが・・・。)

奨励金という付加金を利用することで、微々たる給料を物理的にアップするという裏ワザ的に使用できるので、個人的には非常にありがたい制度だと思います。

 

配当金が再投資される

お金のマーク(円・札)

株式投資の基本である「複利効果」の恩恵を大きく被ることができるのもメリットです。

自分の会社の配当利回りを把握できることが前提ですが、日本株式の平均配当利回りは2%と全く言って高くないです。

S&P500とかの米国株だとゆうに6・7%の配当利回りが存在します。

どっちがいいのかは個人の裁量加減となるので、好きな方を選びましょう。

 

従業員価格で安く購入できる

「Price Down!」のイラスト文字

持株会のメリットとして、単元未満で安く勤務先の会社を購入することができるということが挙げられます。

証券口座を通して購入するとなると、大体が単元株(100株)でしか取引をしておらずその分投資する金額もかなりの金額になります。

しかし、持株会の場合ですとセール価格で且つ単元未満株(100株未満)の株数でも購入でっきるという点があります。

会社によってどれくらい安く買えるか異なるので、そこもしっかりと把握しておきましょう。

 

デメリット

給与面・投資面で勤務先に一点集中になる

集中線のイラスト1

これが超絶最大のデメリットです。

投資の目的は会社に依存しないことが目的なのですが、持株会に参加するということは「給料面・投資面」両方において勤務先の会社に大きく依存するというデメリットがあります。

はっきり言って、投資初心者が気安く手を出せる分自分の会社の成長性をわかってない人が会社とともに路頭に迷う可能性がでてくることを頭の隅に入れておきましょう。

実際に、日産自動車のように過去優良株だった会社がいまでは大暴落&低迷を続けているという状況があります。

なるべく、投資先は分散し安定した収入を得られるようにするのが非常に望ましいです。

株主優待がもらえない

フルーツバスケットのイラスト「カゴに盛られた果物」

デメリットの一つとして、「株主優待」がもらえないという点があります。

自分の会社が行っている株主制度を確認してみて、それがないと配当+優待利回りがだいぶ落ち込むという場合があります。

その場合は、大人しく持株会ではなく、通常のお給料で最低限度優待がもらえる金額だけ投資して他の優待株・高配当株に投資したほうがずっとマシでしょう。

これも会社によって違う可能性があるのでしっかりと確認しておきましょう。

 

社内の圧力で簡単に売れないことがある

言葉の暴力のイラスト(女性会社員から男性会社員)

これが自分の中で最重要ポイントその2です。

会社によっては、単元株(100株)になれば二つ返事で簡単に個人口座に動かすできるところもあるのですが、一部しつこい会社も存在します。

はっきり言って、日本の一企業に一点投資するのは愚の骨頂なので、簡単に移管できないという大きなデメリットを持っていた場合は、奨励金に目をくらますことなく持株会に手を出さずに違う株式を買っている方がずっと安定します。(米国株のほうが成長性は高い。)

 

まとめ

個人的には、奨励金10%以上あれば自分の給料のかけられるだけかけても良いとは思います。

しかし、売買の流動性が低かったり、会社としてこれでは「成長しないだろなぁ・・・w」という側面を身をもって感じているのであれば、絶対に投資しないほうがいいです。

自分のお金は自分で守るのであって、勤務先の会社はあなたに大して何も助け船をだしてくれるわけではございません。

投資は完全に自己責任

これだけは絶対に忘れないようにしてくださいね。

毎月拠出上限いっぱいまで株を購入し(もちろん奨励金も利用して)、現金化出来る最小単位の100株たまったら、即現金化。これを繰り返す・。・b

これが最強の持株会の運用ですわ・。・(しかし、これをやりすぎると持株会のシステムそのものが崩壊してしまうので注意が必要です。)

ABOUT ME
ひまれいか
さっさとFIREするために、コツコツと「節約×副業×投資」のキャッシュフローを作っている化学系社畜。 不労所得として、ETFや高配当・高優待利回株に全力投資中・。・b 趣味はゲームと麻雀のどこにでもいるような人です。「・。・」(通称れいかちゃん)、この顔文字愛用者なの・。・v

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です